残念な時帰呼が綴る 残念な感じのON>OFF生活


総閲覧者数: 現在の閲覧者数:

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スマホに携帯を変えてから十日ほど経ちましたが、一向に慣れてきません。

何が勝手が違うかと言えば 文章入力の仕方がキーを押す操作から画面をタッチする操作に変わった事が 戸惑う理由の最たるものでしょうね。 うむむ、手ごたえが無いのですよ、そのため 押したくないところを押してしまい 誤入力の嵐ww 打ちこんでは書きかえるの繰り返しで ちっとも文章が書き進めないという体たらく;;;

基本的に 時帰呼は携帯で原稿を書いていたものだから どうにもこうにも往生しております;;;;;

とはいえ、流石文明の利器 今までの携帯よりも便利な機能もあります。 と言っても正確には 便利なアプリが入っているといった方が正しいのでしょうがね。

先週末、またもや気まぐれに東京へ行って来た時帰呼は 今回は車を運転して行ったために スマホ君が大活躍。 ナビのアプリを起動して 其れを頼りに走り回って来ましたよ。 とは言え、そんなに優秀なソフトでもないのか はたまた時帰呼の使い方が悪いのか渋滞に巻き込まれ 思うように走れない場面もしばしば。 結局 最終的には ナビ君は 自分の位置を確認するのと 自分がどちらの方向を向いているのかの二点だけを見る事にして ナビ君が一生懸命「右方向です」「左方向です」などと案内してくれる声を無視しての 暴走三昧ww ごめんよナビ君、君の案内に従っていると 大渋滞に巻き込まれて目的地に着くのがいつになるのか サッパリ不明なのですよ。 そんな訳で 画面には ほとんど常に「経路を再検索中」の文字が出っぱなしww でも、充分に役に立ってくれていますよww

一日走りまくって お腹が空いてきたら、ナビ君の音声検索機能を使って夕食をとる店を検索。 勿論 時帰呼の地元ではないので 何処にどんなお店が有るのかは全然知らないので いつもならば目に付いたお店に飛び込むのですが 今回は「洋食屋さん」と音声検索したところ 近場に有る事が分かり 其処に向かって走って行きました。 到着したのは『ゆらが』という個人経営の洋食屋さん。 そう言えば、いつだったか このお店の前の道を通った時に見かけた洋食屋さんで その時に気になっていたので 迷わずに入店してみました。

店内は いくつかのテーブル席と数人が座れるカウンター席があるだけの小さなお店。 シンプルで清潔感溢れるよく清掃の行きとどいた内装で とても交換が持てました。

座ってからメニューを手に取ると まさに洋食屋さんという感じでハンバーグやカレー、海老フライやステーキ… 種類は少ないのですが 定番の料理が並び、其処此処にシーフードのポワレ等といったコジャレタメニューも目に付き メニューを見ているだけでも ちょっとわくわくする感じでした。

時帰呼が注文したのは……

おっと! もう、会社に出勤しなければいけない時間になってしまいました;;;

続きは、次回の記事で…

スマホで料理の写真も撮って来たのですが どうやってアップしたらいいのかな?(^^;


 



   
スポンサーサイト
長期休暇が終わり、仕事が再開して二日目 めちゃめちゃ眠いです。

思い起こすのは 楽しい事ばかり、ああ、何故休みは あっという間に過ぎてしまうのだろう?

連休中は、あちこち行きましたが、とりあえず 一番印象に残ったのは 雨が降りしきる中を苦労して越えた箱根の峠でしたね。

降雨量が一定の基準を越えた為に 危うく道路のゲートが閉鎖されて 箱根山中に閉じ込められるところでした。

他には 蔦の細道を徒歩で越えたり 小夜の中山の夜泣き石を見に行ったり

動物園に行ったり お寿司屋さんで豪遊したり とことん道に迷ったり例年以上に盛り沢山の思い出が出来たGWでした。

まぁ、移動している時以外は ほとんど寝たりご飯を食べたりしていただけでしたが、とっても充実した日々でした。 ああ、次はいつになるんだろう?

寂しいです;;;;;


おはようございます(^0_0^)相変わらずネオチが激しい時帰呼です。

3月20日のサンこそ9に参加なされた皆様 本当にお疲れ様でした。

あれから、ずいぶん経ちましたが 時帰呼の魂は PIOに置いて来てしまったように 未だ ボォーとしたままですが、頭の中には書きたい文章が詰まっているので そろそろ再始動しなくちゃ!

それにしても 今回も いろいろなひとに出会えました。こうした機会が無いと お会いできない方々ばかりなので やはりイベント参加は止められませんねww 皆さま お元気そうで何よりでした。 本当は もっと沢山お話ししたかったのですが 面と向かうと言葉が出てこなくなってしまう時帰呼なのですよ;;;

ああ… 領布したコピー本の数より買った本の数の方が はるかに多いのは 時帰呼の仕様ですから気にしておりません。 それにしてもアンソロ本は 懐に直撃のダメージを与えて下さいましたが 心の中には、ほっこりとした幸せを与えて下さいましたから 後悔などしておりません(^^;ww


サンこそ9 当日の朝は 目覚まし時計やアラームを沢山かけておいて 其れなりの時間には起きたのですが、腹が減っては戦が出来ぬとばかりに 朝食をゆっくりガッツリ食べていたら かなりヤブァイ時間になってしまい、駅に行ったところ直通で行ける電車がその時間帯には無い事が判明。 蒲田駅に到着した時点でサークル入場時間が過ぎてしまっていたので 諦めてゆっくり出来るだけ急いでガラガラを引っ張って PIOを目指しました。

PIO前の交差点が横断歩道を渉らないと通れなくなっているとの情報を得ていたので 大きな荷物を持っている関係上 とても心配しましたが、エレベーター完備の横断歩道だったので 事なきを得ましたww

きっと、サークル入場時間には 沢山のローランさんで大混雑していただろうから エレベーターが使えなかったのではないかと思い、遅れて入場になったのは不幸中の幸いだったのかもしれ無いと思いましたwww

到着した時には 既に一般入場の列もすっかり解消されていて すんなり入場出来ましたが、自分たちのスペースに行くと 予想はしていましたが いつも以上にテーブルの後ろのサークルスペースが狭くて荷物を置くと パイプ椅子が一つ置けるだけで ふたりが居るだけでも かなり苦しい状態でした。 参加サークル様が当初の予定の1.5倍に膨れ上がっていたので ある程度仕方ないとは思いましたが これほどとは……。

コスゾーンも大幅に縮小されていて 遠目にも大混雑しているのが分かります。 これほど大きなイベントになった以上、愛着のある会場であり 新たな会場探しと言っても なかなか難しいとは思いますが、今後は 何処かもう少し大きな会場に移転した方が良いのではないかなと思いました。 勿論、今まで以上の今回の主催者様スタッフの皆様がたの御苦労は承知しておりますが 御検討いただけたら幸いです。

早速、テーブル上に布を広げ 今回の私の新刊や既刊、りょうさんの新刊『ジャンク箱』を並べ、飾りのアビス仮面を置いたら 準備完了!! しかし、毎度のことながら すぐにお客様が来る事は無いと思って ツイッターでTLをチェックしていたところ 「すみません…」の声、顔を上げるとお客様が「これを下さい」と言っておられました。 焦る時帰呼;; 私も「すみません」を連発して謝りながら 何とか 私の本をお客様に受け取って頂く事が出来ました。(しかし、今のお客様って… お話をした事は有りませんが、いつもイベントで 私の本を買いに来て下さる方の様な気がしたのですが 気のせいでしょうか?)

しばらくの間、パンフレットをチェックしてから お買い物に出掛けていましたが、私の留守中に ゜マープル。さんがいらっしゃったとの事。 しかし、その後 再度訪れて下さったので 無事再会をする事が出来ました。 ゜マープル。さん、いつもお買い上げありがとうございます! そして、心遣いの感じられる差し入れもありがとうございました!お腹が空いて来たので 会場内にて 早速 りょうさんと分けあって美味しく頂きました。(^^*

昨年末のお茶会以来 ひさしぶりに遊鴉さん(私服&ばろ子version)にもお会いできましたし、りょうさんのコス友の御二方にもお会いできました。 そして、140文字の伝言というリレー小説企画で仲よくして頂いている七原あさえさんにも お眼にかかる事が出来ました。 そしてそして、ツイッタ-のフォロワーさんである はっとさんが わざわざ当サークルまで 私に会いに来て下さったのは思わぬ喜びでした。本当にありがとうございました。
   

その後、すっかり精神的に満足したニコニコ顔の時帰呼とりょうさんはPIOをあとにし、渋谷に移動した後 中華料理屋さんでおいしいお酒と料理に舌つつみを打ちながら 打ち上げをしましたよww

相変わらず 本の方は あまり売れませんでしたが、とてもとても楽しい一日になりました。 当サークルを訪ねて来て下さった方々 ありがとうございました。 参加者の皆様、イベント主催者様とスタッフの皆様方 ありがとうございました! 時帰呼は幸せでした!!(現実に戻るのが辛いくらいに;;;)

胡散臭い弱小サークルではありますが、次回サンこそにも 是非参加させて下さいませ。宜しくお願い致します。


遅ればせながら サンこそ9のアフターレポートでした(^^;;;;;



「なんだ、こりゃ!?」

最初に その路地を覗き込んだ時に 思わず出た言葉


吉祥寺に行ってきました。
込み入った町並みと けして広くない通りを道いっぱいになって歩く大勢の歩行者。 「バスが通ります」と警告を告げながら ゆっくりと進むバスと それを あまり気にせずに歩く人々

雑多… それが 駅を降りての第一印象でした。


あちこち歩きながら しばらく行くと 絵画の展覧会を告知するポスターを発見

特に 目的も無いので ふらりと立ち寄ってみました。
それは、井上直久先生の生み出した世界 『イバラード物語』を中心にした絵の小さな展覧会

溢れかえる宝石のような色彩とイマジネーション

まるで玩具箱の中を覗いて見つけた異世界の入り口をくぐり抜けた空間に迷い込んだような錯覚

キラキラと輝く陽射し 闇を照らす電灯の明かり さらさらと流れる透明な水 吹き寄せる風 降りしきる雨の音

解説によると ジブリ関連のお仕事もされているとか… 納得

すべてが語りかけてくるような世界でした。


その後 しばらく またもやふらりと歩いていたら ハモニカ横丁なる異世界に迷い込んでしまいました。

ギシギシと音をさせるくらい狭い路地に詰め込まれた千と千尋の神隠しの商店街を彷彿させる不気味で どこか懐かしい空間

そんな場所に引き寄せられたのは、井上直久先生の絵の不思議な世界感に魅了されたからなのかもしれません。


その日のお昼ご飯は そんな不思議な世界で とっても辛いカレーを頭のてっぺんから汗を垂らしながら食べてきました。

美味しかった(~∀~;)いろいろとね…

「なにぃ!? スライムがあらわれただとぉ!」

その穏やかならぬ噂を聞き付け 会社帰りにクエストを受注 勇んでハンティングに出掛けた時帰呼であったが、時既に晩く スライムの姿は何処にも見当たらなかった。



しかし、そんな事で諦める時帰呼ではない!


草の根を掻き分け 遂に獲物を捕獲したのであった!



以下に 証拠の写真を添付しておこう!








ドヤァァ! (`▽´#
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。