残念な時帰呼が綴る 残念な感じのON>OFF生活


総閲覧者数: 現在の閲覧者数:

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢を見た。

彼女と温泉旅行に行った夢だった。


大きなホテルで チェックアウトする時に ホテルの大きなロビーで 彼女が「トイレに行ってくる」と言って ふたりは離れていた。

見ると、大きなカウンターに座っているホテルのオーナーの男性に気付いて 彼女が帰ってくるまでと思って話しかけた。

傍らのロビーの大きなソファーに 二十代の男性客かふたり座っていた。

オーナーが「これからどちらへ?」と尋ねたので、「彼女は途中で電車で帰るから 【形原】まで送ってきます」と話した。(何故、カタハラという地名が出たのか分からないけれど、カタハラは 昔 彼女と紫陽花を見に行った所だと 今 思い出した)

私が 「彼女」と言った時に ソファーに座っていたふたりが 鼻で笑ったのに気付いて カチンと来たが 無視してオーナーと話し続けた。

「そう言えば、彼女が 味噌汁のカロリーや塩分やアレルギー元になる食品の表示を食事のメニューにしてくれてたら良かったねと言ってましたよ」とオーナーに話した。

オーナーは、「あぁ、成る程。 では 早速 そうします」と約束してくれた。

程なく、彼女が戻ってきた。
彼女を見て、ソファーのふたりが驚いた顔をしていた。 彼女が とても若くて私と歳が離れていて 可愛く綺麗だったからだ。

私は 心の中で「どうだ♪」と鼻で笑ってやった。


チェックアウトを済まして駐車場の車に戻る途中で オーナーにメニューへの表示について話したら 早速そうしますと言ってくれたことを 彼女に話すと、とても嬉しそうな笑顔で「なんだか 泣けてきちゃった♪」と言って 涙ぐんでいた。
そんな所は とても彼女らしいなと思って 私も微笑んだ。

車に乗って 暫く走っていると 畑の農道の狭い道に車が停めてあって 通り抜けるのに苦労した。 見ると そこは 公園の脇の道で 公園では車の持ち主の老人たちがゲートボールをしていたので、(まぁ、仕方ないか…)と思った。

なんとか通り抜けて 暫く行くと 神社の前に出た。 たぶん村の鎮守さまだ。

車を停めて小休止。

其処で 何故だか 彼女が このあと程無くして死んでしまうことを知っていることに気付いた。

私は、彼女の顔を じっと見て、「愛してるよ。愛してる」と何度も言って 抱き寄せ 強く強く抱き締めた。

彼女は 戸惑いながらも笑顔で「私も」と答えてくれた。


目が覚めた。

嗚咽していた。
涙が流れていた。


夢の中の彼女の笑顔を忘れないために。
彼女の夢を見たことを記録するために。
この文章を書きました。

彼女に会いたい。

もう一度、彼女を抱きしめて「愛してるよ」と言いたい。

もう出来ないけれど、ずっと愛してる。



スポンサーサイト
どうにもこうにも納得のいかない事って言うのは有るもので…

基本的に細かい事には拘らない性格ではあるのですが 一旦気になり出したら 其れが頭から離れなくなってしまうという やっかいな性格でもあるのです…時帰呼は…。

いかんなぁ…とは思うのですがね。


昨夜は ものすごい暴風雨でしたね。近所のコンビニでは物置小屋がひっくり返っていたり、通勤路には 強風によって折れた枝や葉っぱがいっぱい落ちていました。 大雨によって 家の近くの交差点は水没していて まるで池の様…。

それでも、そろそろ会社に向かわねばならない時間のようです。



こんな、過疎化したブログに御訪問頂いたばかりか 拍手コメまで頂き、本当にありがとうございます。

すみません 拍手返信は、帰宅したら必ず(今日中には無理でも)致しますので 少々お待ち下さいませ。宜しくお願い致します。

さて、今日も長時間残業になりそうだな………、はァァ…。

    


おはようございます(^0_0^)

なんだか分からない内に 5月も終盤

毎日の通勤途中に見掛ける 畑に咲く野菜の花が 結構綺麗で 良い癒しになっています。

…っと、野菜の花を撮り忘れてた。

画像は、薔薇ですね。

ウーン(゚-゚)先日、金環日食を撮ろうとしてからなんか色が変だな。

そうそう、水田では田植えが始まっていましたよ。

おはようございます(^0_0^)

今 出来る事で最善の事を選べたかどうかなんて 後にならなければ分からない事。


進む道が 分からないのも見えないのも当たり前。


ただ、最終的には 自分で決めるしかない。

自分で決めたなら 失敗しても 自分が泣くだけ。 泣いた後に また道を探せば良いのです。


どんな選択をしたにしても そこが自分の場所になるのだから そこで出来る限りのベストを尽くせば良い。


よく言われる言葉な上に、臭くて申し訳ないけれど

『道は、自分の進んだ跡に出来る』のだから。


Life is Hard Way.

But Take it Easy.

Go on the Yillow Brick Road!




スペルと文法には自信が無い^^;
今朝から 何回も記事をアップしようとしていたけれど 失敗ばかり^^;ナンデカナ?

先週の土曜日に 親父の七回忌の法事を済ませてきました。 朝から バタバタとしてしまいましたが 何とか無事に終える事が出来ました。 それにしても時間の経つのは早いものです。

そんな訳で、土曜から日曜にかけては何もしておりません;;; すみません。
連載中の【星屑】も 一応は書いていたのですが たいして進んでいない状況ですが とりあえずリアルでの予定は当分の間 特に無いので気合いを入れて頑張ります。

まぁ、そう言いながらも 空き時間を見つけてレンタル屋さんに行ったところ 『泣き虫ペダル』という自転車漫画が21巻まで置いてあるのを見つけたので借りてきました。 これは所謂、『かもめ☆チャンス』や『シャカリキ!』と同様のロードレースを扱った自転車漫画で かなり人気も有るようなので注目していた作品なんですよね。

内容に関しては ご存知の方も多いと思いますが 高校の自転車競技部に飛び込んだ初心者小野田くんが 現在インターハイで部の代表選手5人のチームメンバーと共に激闘を繰り広げているところです。チームの中には、平坦地でのハイスピードレースが得意なスプリンター。 山などの登りの得意なクライマー。 そしてチームの要エース等の役割分担された選手がいて 作品中には次々と個性的なキャラクターが登場してきます。

自転車のロードレースというのは 6人のチームで参加するのですが それは、チームの中の一人エースを(場合によってはその他のメンバーの中の一人を)一番にゴールラインを越させるために全員で協力し合って戦うレースなんですね。 たった一人をゴールさせればチームとしての勝利になるので 列の先頭で風除けになってアシストするという戦い方をします。 そのため最低ふたりが協力してレースを展開したりするので 此処に その方面の方を喜ばせる要素が必然的に発生したりするのですよね。 時帰呼の場合には 腐要素は考慮に入れていませんが、作品中で私が好きなのは、総北高校の巻島裕介選手と箱根学園の東堂尽八選手です。 その他には京都伏見高校の御堂筋翔選手と石垣光太郎選手に注目しています。


様々な過去を持つ個性的な選手達だけではなく、これからの燃える展開にも大注目!! 『泣き虫ペダル』本当に熱い作品です。

それにしても、チームのエースの体力(脚力)を温存する為に風除けになり ゴール手前の最終スプリントの発射台となるアシスト役…… この作品を読んで、時帰呼は今、自分が大切だと思う人のアシストが出来たら本望だと考えています。


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。