残念な時帰呼が綴る 残念な感じのON>OFF生活


総閲覧者数: 現在の閲覧者数:

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはようございます(^0_0^)

どうにもこうにも、長期休暇の影響から抜け切れていない時帰呼です。

さて、それでは、昨日の続きを だらだらと…(^^;

地元駅のホームで 偶然ローランさんを発見して 驚きの声を発してしまった時帰呼は、今の声を聞かれてしまったのかと思い 御挨拶をする事にしました。 「こんにちわ、お疲れ様です」と 声をかけると、「ローランさんですか?」との御言葉。 すかさず、腕章や缶バッチを見せて 国民であることをアピールwww

(あれ? この展開 以前にもあったような…)

ああ!? 去年の五月のサンこそで 紫織さんに出会った時と同じ展開じゃないですか(^^;

去年と同じように やはりローランさんは 皆優しい方々ばかりです。 にこやかに応対して下さいました。
そのご厚情に甘えて、御同道させて頂く事をお願いすると 快諾して頂きました。 普段 地元イベントやライブではボッチ参加が基本の時帰呼は 更に舞い上がってしまい、いろんなサンホラ談義を 取り留めも無く吹っかけてしまいましたが、ローランさんは 快くお話し相手になってくれました。 本当にありがとうございます。

そうこうする内に、二川駅に着くと そのローランさんのお友達が乗車して来ました。 其処からは さらに御厚意に甘えてしまい三人で会場に向かう事になりました。 本当に図々しくてすみません;;;


浜松駅近くになると 豊橋駅で出会った件のローランさんが少し慌てたご様子。 どうしたのかと思ったら 切符を失くされたようです。 おお!Moiraよ!!

仕方ないので 改札口の駅員さんに事情を話したところ 事なきを得て、無事に改札を通る事が出来ました。

その後、駅ビルを出てからは、以前一度アクトシティに来た事が有る時帰呼を先頭に 会お話しさせて頂きながら場に向かいました。 と言っても、あちこちに分かりやすい案内板が設置されていたので 初めての方でも迷う事は無かったとは思いますがねww


大ホール近くまで来ると 歩道の脇に一段低い所に在る会場入り口前の広場へと降りる螺旋階段が有り 勿論 私達三人は 「螺子の階段だ!」と 大喜び! これこそ、アクトシティが会場に選択された大きな理由の一つでは… 無いですね やっぱりww それでも 気分が向上してきた事は間違いありません。

ツイッターのフォローランさんとお会いになるという事で、いったん、同道して下さったおふたりとは別れて、後ほど落ちあう事にしましたが ここで大きな問題が発覚!

うわぁ~ やっちまったぜ!! パスポートを持ってくるのを忘れてしまいました;;;

しかし、ライブチケットを忘れたわけじゃないので これくらいの事で挫ける時帰呼さんではありません。 すかさず、物販に行き 赤いパスポートを購入し 無事入国印を押して 入国手続きをすませました。


と、本日は此処までww


なんだよ、まだライブのレポは始まらないのかと お嘆きのあなた、すみません これが時帰呼クオリティーなんです;;; 其れでもよろしいというお心優しい方がいらっしゃったら良いのですが(^^;

   
スポンサーサイト
おはようございます(^0_0^)

仕事帰りに本屋さんに立ち寄り、昔から大好きだった山口貴由先生の『エクゾスカル零』の一巻を見つけ 小躍りして喜んだ後に ウルジャンにて ジョジョリオンが休載している事を知り、絶望の淵に堕ち込んでしまった時帰呼です。

良く考えて見たら 冬コミの申し込みをしてなかった事に気づき、大急ぎで帰宅したのは良いのですが、オンライン申し込みの途中で 寝落ちしてしまい、今朝になってから、コンビニへ直行、入金を済まして来ました。 これで、とりあえずは トラブルさえ無ければ安心ですが、はたして26日の締め切りまでに 申し込みを完了出来るのでしょうか? いつもながら ぐだぐだで困った物です←お前がな!!


しかし、既にあちこちのサイト様にて 沢山のレポが上がっているようなので 私のあやふやな記憶と判読不能な(本人にも;;;)メモに頼ったレポにいかほどの価値が有るのか 甚だ疑問ですので、たぶんいつものわたくし個人の行動記録的な 旅日記風レポに変化しそうな予感がヒシヒシとして来ました;;;;;

まぁ、本当にいつもの事なんですが 我が家はこんな家風なので 申し訳ありません;;;;;



さて、そんな事ばかりも言っていられないので ちょっとばかし書き始めて見ます。






ライブレポらしきものを 書きだしたのは いつのころからだったのか? 記憶がそもそも 判然としませんが これは殆ど自分自身の楽しかった思い出を書きとめておくためのものとして始めたような気がします。 依って この文章を読んでも、私以外には何の得も無いかも知れません。 悪しからず;;;(^^;


8月19日 早朝には いつものように目が覚めて、いつでも出発できる状況だったのですが、物販は 名古屋公演似て買い終えていたので、 まぁ、缶バッチのガチャでも出来ればよいなと思い、のんびりと小説原稿の見直し等をしていたところ 時間の経つのは早い物で お昼近くになってしまいました。

小腹が空いたので インスタントラーメンを食べた後 身支度を整え、自宅近くのバス停へ向かいました。
其処から、10分程バスに揺られ 着いたのが豊橋駅。 JR東海道線に乗れば たしか浜松駅へ行けたはずでは無かったかな? ←かなりいい加減ですが、いつもと違って あまりにも会場が近すぎるのと 一度某イベントで会場のアクトシティには自動車で行った事が有るので すっかり気が緩んでいました。

切符を購入後、売店で飲み物とツマミ(おっと!?)を購入後、「さて、どのホームから行けば良いのかな?」と 行く先案内の電光掲示板で確認したところ、どうやら浜松に行くには 8番線ホームへ降りればよいらしい事が判明。 ふと見るとエレベーターが有ったので 其れを利用して 階下の8番線ホームへ降りて行きました。

本当は 節電しなくちゃいけないのにと自責の念に囚われながらも階下のホームに着き、するすると扉が開くと 目の前数メートルの所に 見覚えのあるシュシュを着けた方を発見。 思わず「あぁっ!」と 声を発してしまった時帰呼でしたww

だって、地元でローランさんを見かける事なんて 本当に稀有な事なんですから;;;

 
以下 次回以降 何の参考にもならないレポは続く……




≪浜松公演キャスト≫

似非=エレフセウス

栗林みな実=アルテミシア

Joelleー=エリーザベト

MIKI=イオニア

REMI=ドリア

霜月はるか=フリギュア



粛々と進む騎馬の騎士達の映像

蹄鉄が石畳を踏みしめる音 馬具の触れあう金属音

流れるスキャット(scat)

あーー あーあーあーーーあー あーあーあーあーーあぁーあ あーー

(文字にすると なんですが;;; 美麗な歌声)


そして、恒例の領復オープニング曲!!!

たったたたたぁーー! たっったたぁっー!!

たったたたたぁーー! たっったたぁっー!!!!

嫌が応にも、盛り上がる場内。 バンドメンバーに飛び交う声援


時帰呼の席は アクトシティー大ホールのかなり後ろの方でしたが、思ったよりステージが近くに感じられます。 予想したより小さな箱でしたので、此処は 大きな嬉しい誤算でした。

これで三度目の領復ですが、わくわくしながら、待機していると本日の似非の人が出現!


ヤヴァイ!! 完全体エレフ来た!!!
うわぁー!!!!!!!!! エレフーーーーーー!!!!!!

続いてステージに登場したのは エリーザベト!(名古屋に続いてベトが見られるなんて なんて幸せ!)

そして、次には…!!

アルテミシア!! 

うわぁぁぁーー!!!!双子だ!! 運命の双子が来ました!!!? 信じられぬ光景!!

それ仔らに行けなかった時帰呼が 長年 見たいと思っていた組み合わせです。 浜松にて 運命の女神の気まぐれな采配により 遂に 希望が叶う時が来たのです。

そして、そして、続いて登場したのは、 六女神の内 長女イォーニア、次女ド-ニア、三女フリュギアの三女神が登場しました。

…という事は、本日の公演は『Moira』中心に演奏されると思っていいのですね!!

ありがとうございます陛下!!

出演者が揃ったところで 領復オープニング曲≪リバイブ≫を全員で熱唱!
会場内に、領復が始まったんだという気分が見る見る高まって行くのが分かります。

続いて一曲目は

≪霧の向こうに繋がる世界≫

歌い手は、長女イォーニア、次女ド-ニア、三女フリュギアの三女神+エリーザベトの金髪予人組wwステージ中央の階段で二段になった舞台を大きく使い 曲の途中で 下の舞台から上の舞台(城壁の上)へと昇り、また降りてくるという感じで 華麗に唄い踊る構成(ベトさん 女神様の中に遭っても違和感ありませんね)

一曲目が終わると ピアノソロからの~!!!

≪壊れたマリオネット≫




おっと、ここまでで 出勤のお時間が来てしまいました;;;

続きは、また 後で…UPするです~;;; ごめんなさい(^^;;;



  




 
どうも、領土復興遠征名古屋二日間の激戦から帰宅してから すっかり萌え尽きていた時帰呼です。

とりあえず お詫びをば… 一日目の領復にメモを持って行くのを すっかり忘れていました。
よって、レポは かなりいい加減です。 ごめんなさい;;;

ではレポらしきものを…、

私の記憶が確かなら、領復一日目の似非は イヴェタンでありました。 おお!? これが噂のイヴェタンさんでありますか。 前回 名古屋にSHがやって来た時には 二日目に参加しただけなのですが その時は 純正イヴェールさんだったので、実は 時帰呼、複合似非は今回初めて遭遇したのです。

今回のイヴェタン以外の出演者さんは 野ばら姫=下川みくに、フリューギア=霜月はるか、エリーザベト= Joelle 、継子= Ceui 、オルタンス= YUUKI (敬称略)でした。

1曲目 Revive

似非のひとが イヴェール混じり(?)だったし、オルタンも居たので 当然のように

2曲目は 朝と夜の物語

イヴェタン、オルタンス そして、誰がヴィオレットをやるのかと思えば代わりにエリーザベトが 息もピッタリの 例のお人形ダンス。 三次領拡名古屋二日目での 1曲目が 朝夜でしたので、その当時を思い出し、懐かしくて涙ぐんでしまいました。

3曲目 石畳の緋き悪魔 

これまた イヴェタンに因み イべリアからの一曲。 私がサンホラにハマった切っ掛けになった曲なので 感極まり 涙ぐみ… 以下略

4曲目 薔薇の塔で眠る姫君

野ばら姫がいるのだから これまた 演奏される事は分かってましたが、始まった途端に いったい誰が 王子の代役をやるのかと 気になって仕方ありませんでした。 結局 剣を腰に吊るした エリーザベトが登場! ジョエルさんの凛々しく美しい王子 ドレス姿だというのに 王子にしか見えません!! 

5曲目 この狭い鳥籠の中で

イドイドから 私の大好きな曲。 何だか 今回の公演は 美味し過ぎます。 当然 エイーザベとは エリーザベト、メルメルは イヴェタンが熱唱! サビのふたりが縦に並んで 片手ずつ上げる振り付けが 目茶苦茶 切なく 大好きな… 以下略

6曲目 生と死を別つ境界の古井戸

継子メインの ノリノリの一曲。 でも この曲 皆さんご存知の通り、良く聞くと とっても怖いんですよね。
ホレおばさんの代わりは エリーザベトさんが これなら素直に おねえさんと呼べますねww


此処まで ジョエルさん 出ずっぱり!? ジョエルさん「ずっと、私のターン!!!!」とでも叫びそうな勢いです。


7曲目 美しきもの

此処に来て またもや ROMANから 切なく美しい大好きな… 以下略;;;


8曲目 海の魔女

実は この曲は わたくし時帰呼は、良く知らないのですが 照明の効果により まるで海の底に居るかのような神秘的な光景の中 とっても素敵な雰囲気。

9曲目 Prayer

これが噂の新曲ですか! インストルメンタルの曲の為 楽器の音色とパフォーマンスに集中する事が出来、ノリまくれる ひたすらカッコイイ曲でした。


革命先生の連載「王様君と領復君の冒険」 選択肢は 1、レスボス島 2、エロマンガ島
まあ、どちらが選ばれたかは 言わなくてもわかるでしょうww


10曲目 エルの楽園[→side:E→]

11曲目 緋色の花

12曲目 輪廻の砂時計

13曲目 キミが生まれてくる世界

14曲目 <ハジマリ>のクロニクル

メモしてなかったのと もう既に 自分の記憶能力の限界に来た事に気付き、 曲を楽しむ事に専念してました すみません。 この中では ハジクロが 特に大好きな曲ですね。 歌詞も局長も前向きで!


15曲目 奴隷市場

これまた、ノリノリの一曲。 まーわるまーわる 車輪はまわる~♪のあたりは 切なく大好きな… 以下略


16曲目 終端の王と異世界の騎士

壮大な曲調と 今回はサッシャさんのナレーションが バッチリ合いまして めちゃくちゃカッコイイ!!
この曲は 一日目の参加メンバー全員での熱唱!! いやがおうにも 盛り上がります。


メンバー紹介

15秒間で 色々やっちゃいます もしくは やらされちゃいますのコーナーww
とりま、覚えているのが jakeさんの猫ちゃん紹介とジョエルさんの腕立て伏せ、其れから みくにさんのスキップww

 
17曲目 即ち…星間超トンネル

18曲目 国歌

そして、エンディング曲には 領復のテーマ『Revive』

かなり、飛びとびの いい加減なレポですが なにぶんメモしてなかったので すみません;;;


名古屋二日目に関しては メモして来たので、もう少し マシなレポが出来ると思いますので 宜しくお願い致します。

連日の拍手とコメントをありがとうございます。 拙いブログですが これからも頑張って行きます。

以下 拍手コメント返信です





>゚マ~プル。さんへ  返信



[領復名古屋一日目]の続きを読む
さてさて、ライブレポートの続きです。

前振りなしに 椅子に座ってすぐに 聖さんは キーボードに手を置き 演奏を始めました。


 一曲目【The Rose】

ああ、聞いた事のある曲だ。 後から調べてみたら 【Rose】という昔の映画主題曲みたいです。 【余命一カ月の花嫁】【おもいでぽろぽろ】でもつかわれていたようですね。 どおりで聴いた事が在るはずだww
聖さんの女性のような透き通るような歌声が 心に染みます。

以下の動画は 聖さんの歌声ではないですが 素晴らしい動画]なので…










三分ほどの曲を歌い終わると、「今の曲は カバー曲ですが 次は僕のオリジナル曲です」と一言、
そして、引き続き二曲目の演奏に入りました。

 
 二曲目【永遠の人】

この曲は 豊橋駅前の広場で 私が初めて 聖さんの歌を聞いた時の曲です。

♫ あなたに出会えたからこそ こんな自分でもすきになれたよ

ライブで聞く歌声は CD以上に 繊細で それでいて力強く聞く者の心を打ちます。
ふと気付くと、先程の赤ちゃんは どうしたことか、大人しく声一つ立てません。 寝入ってしまったのかと思い振り向くと じっと聞き入っているようにニコニコと笑っています。

 MC:「僕は 豊川は地元で 一宮町出身です。実家は このそわかさんみたいな古い家なので 何だか実家で演奏しているみたいにリラックスできますww 次は徳永英明さんの名曲…壊れかけのRadioです」


 三曲目【壊れかけのRadio】

この曲を知らない人はいないでしょう。 聖さんは どの曲もそうなんですが、椅子に座ったままでもキーボードを弾きながら 足でステップを踏むようにしながら 全身を前後に激しく揺らしながら 文字通り全身全霊を音に注入するかのように演奏します。 昔から大好きな曲ですが その切なさは 徳永さんに勝るとも劣らないでしょう。 


 MC:「次の曲は 豊川をイメージして作りました。 地元の方は よくご存じでしょうが この曲の中には佐奈川という地元の河の名前が出てきます。 僕も この川の横の細い道を通って学校に通いました。よかったらこの曲は皆さんと一緒に演奏したいと思いますので 手拍子などしてくれると…」



 四曲目【旅の途中】

リズミカルな曲調に合わせて 会場に詰めかけたお客さんがひとつになって手拍子!
聖さんも にこやかに笑いながら楽しそうに演奏しています。 良くある演出ですが 聖さんのお客さんは素直に心から楽しそうに手拍子をしています。 勿論 リズム感の無い私も一生懸命ではありますが 楽しくノリノリに手拍子!!


 MC:「皆さんは 何処から来ましたか? 聞いた話だと 東京、大阪、岐阜、兵庫、福岡 いろんな所から やって来てくれているようですね。 ご存知のように つい二日前に 大変な地震が起こりました。 僕は 全国をこうやって演奏しながら 行った所の無いほど廻っていますが、二年程前に ほとんど住んでいるみたいに一年半程 仙台に滞在していました。仙台、福島には 知り合いや友達が沢山います。 僕は この地震が起こった時 実家に居たのですが、テレビを見ていて心配になりました。 それで、こんな時に演奏するのは どうなのか?と考えました。でも、歌を通してパワーをみんなに届けたい、そして それを聴いた人が また別の人にパワーが伝わり やがては被災地の人へ伝わるように…、そう思って 今日此処に来ました。

「僕の名前は 聖という漢字一文字で Satoshiと読みますが、パソコンで変換すると 10~20番目に出てきますが、皆さんのパソコンの一番最初に 出てくるくらいになりたいです。

「皆さんから見て右手に在るセットリストは 僕が先程 急いで手書きで描きました。」



 五曲目【think of you】


これも、聖さんのオリジナル曲ですね。 人を思いやる事の難しさ、大切さ、一番近くに居る人が一番大切な人なんだよ。 うん、その通りですよね。 でもそれに 一番気付きにくいんですよね。


 MC:聖さんの出身校の話、「地元の人は知っていると思いますが 僕はk高校出身で この学校は 結構頭の良い人が通う学校で 僕も一生懸命勉強して入りました…が、油断して勉強しないとあっという間に置いて行かれ 高校生活中 赤点を沢山取っていました。 そこで、私は音楽に目覚めて こうした事を始めました」



 六曲目【いつもいつも】

聖さんのオリジナル曲。

♫ いつもいつも 僕が近くにいるよ… いつもいつも 君の味方でいるよ…

 僕が 君を照らす光になるよ… 僕が 君を乗せる翼になるよ…

ああ 優しい歌声が心地よい、 私もそんな風に言える人がいればな…


あっという間に 1stステージ終了

15分の休憩をはさんで 後半の2ndステージが始まります。


とりあえず 今回は ここまで。
後半は 次回という事で よろしくですww



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。