残念な時帰呼が綴る 残念な感じのON>OFF生活


総閲覧者数: 現在の閲覧者数:


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




空を見るのが好き


いつもは 齷齪しているばかりで
気にかける事なんて ほとんど無いけれど

ふと気付くと 空を見上げている時がある


子供の頃だって
そりゃぁ地べたを駆けずり回って友達と遊ぶだけで必死で
今と同じく、やっぱり余裕なんて全然無かったけれど

今では すっかり忘れてしまった『気分』の中に居た事だけは覚えている

それが 何だったのか 大人になってしまった今では
口に出して説明するのは とっても難しい

なにしろ カケラも残さず 亡くしてしまったモノだから


けれど それが 大切なモノだったという記憶だけは 残っている

たしかに その『気分』の中に居たという 心地良い記憶だけは

この肌に残る夏の日焼け跡みたいに 今でも確かに残っている


こうして、空を見上げていると なんだか ちょっぴり思い出せそうな気がするから

私は 空を見上げるのが好きなのかも知れない


遠い夏の記憶

失われた 大切な宝物

そっと目を閉じると お日様の熱が瞼を通して
目の奥まで じんわりと暖めてくれて

なんだか、泣きたい気分になって来た

私は 空が好き


見上げていると ほんの少しだけ あの『気分』に 包まれているような気がしてくるから



******


時々 私(時帰呼)も 空を ぼぅ~っと眺めている時があります。


だから 私の携帯の中には 空の写真がいっぱい^^;


画像は たしか去年の今頃

あまりに見事さに 車を停めて 堤防道路の上で撮った夕日です。


その雲の色彩と 空のキャンバスに殴り描きされたような筆遣いに

きっと 天上のゴッホが 描いたんだろうな… と 想いを馳せた記憶があります。


しかし 画像の向きを直すには どうしたら良いのだろう?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。