残念な時帰呼が綴る 残念な感じのON>OFF生活


総閲覧者数: 現在の閲覧者数:

2010/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312011/01


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おはようございます。

今日も今日とて、コタツで寝落ちしていた時帰帰呼子です いや 時帰呼です。← お疲れモード;;;


我社にも 年末進行が有るらしく、急に仕事量が増えて 昨日は残業塗れでございました(泣)
今日も、沢山 働かさせて頂けるみたいで たいへんありがたく思っていますww
(東京行きの荷造りができないよう!)

しかし、ゴロゴロしていても仕方ないので、とりあえず、出来る事だけでも やっておこうと思い、日曜日に作った手土産の製本作業をしておりました。

大したものではないですが お茶会でのお楽しみと言う事で…ww 嗚呼、因みに SSではないです。


それにしても、パスポートが見つからない(大泣)
うむ、何処かに在るとは思うのですが、毎度 何処かへお隠れになってしまうのは どういう訳なんでしょうか?

明後日には いよいよ私もメルコンに参加できます。 楽しみ過ぎて夜も… ぐっすりですww


話題変わり、 【生と死を別つ境界の古井戸】の考察の件、補足。

童話『ホレおばさん』に ほとんど100%忠実に物語りが展開する この曲は、たぶん「二通りの解釈をしてくれたまえ」という 陛下の御心が働いている曲なんだと思います。

曲タイトルにも有るように、素直に受け取り 【生】に天秤が傾けば 明るく ポップで無邪気な女の子の ずいぶん可愛い復讐劇になるのでしょう。(誰も恨まず…)

そして、【死】に傾けば 明るい曲調が 殊更恐ろしく感じられる無関係な者までも巻き込む 恐ろしく最悪の復讐劇と化すのでしょうね。(嘆いたところで もう手遅れ!!)

同じ運命でも その受け取り方、受け入れ方で 己のその後の運命が変わる… と言うより、 どんな過酷な運命が待ち構えていようとも をの後の運命、生き方(逝き方)を 自分自身で選択できるんだよという 陛下からのメッサージュが隠されているのではないかな?

これは、あくまでも 私の個人的解釈なので 悪しからず…ww

でも そう考えると、この曲が アルバムの真ん中に位置する意味も 充分うなづけるんじゃないかと思います。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。