残念な時帰呼が綴る 残念な感じのON>OFF生活


総閲覧者数: 現在の閲覧者数:


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんわ(^0_0^)

名古屋にひとりで遊びに行ってゴメンナサイの時帰呼です。

名古屋オクトーバーフェストのレポは 後日 必ず書きますので 気長に待っていて下さい。

さて、本日は 今月初めに アップしてから放置してあった【蒼き月 金色の竪琴 / 第五夜 境界】の最終話です。
ほんとうに、遅筆でゴメンナサイ。 気になっていたこのSSが ようやく書き終ったので、明日からは 夏コミ原稿に全力で取り組みますです。 ゴメンナサイ。 ← ああ、今日は謝ってばかりだな…;;;;;


内容は、ある街に辿り着いたミュロスと その街で商売人のまねごとをしていた元神官のネストルが巻き込まれる事件のお話です。

 そんなわけで、ちょっとばかり長いですが 宜しければ 以下へお進み下さい。





 【境界】その4


「そんなわけで、 まさに死の淵から冥府の底を覗き込むような状況から生還することができたのも 全ては この霊権あらたかな 護符が有ったればこそと言えるだろう!」

往来に広げられた布の上に 整然と並べられた護符を指し示し 大袈裟な身振り手振りを交えながら ネストルは 大声で口上を述べていた。

しかし、道行く人々は 足を止めることも無く おりからの猛暑から逃れるように 足早に行き過ぎてしまう。 中には ネストルの両脇に ちょこんと座り込んだ三人の子供達に目を止め 微笑みかける者もあったが、ネストルの胡散臭い微笑みと 彼の放つ臭気に辟易し 足早に立ち去ってしまった。

「ちっとも売れないね」

一番年上の子供ヘクトルが 屈託の無い笑顔をネストルへ向けて言った。

「こんな怪しいモノ、誰も買わないわよ」

三人の中で唯一の女の子カッサンドラが 身も蓋も無い事を言った。

「ええぃ! 怪しいモノとは何だ! お前達も その目で わしの護符の霊験あらたかな効力は 見たではないか!」

ネストルが喚くと 年下の男の子パリスが言った。

「そうだよ! 父ちゃんの護符は ほんとは凄いんだから!」

「私が いつ お前達の父ちゃんになった!?」

ネストルが 慌てて抗議したが その顔には 満更でもない表情が見て取れた。


(変われば変わるものだな…)

ミュロスは ネストル達が露店商のまね事をしている傍らの木陰から その様子を見守っていた。

降り注ぐ陽射しは 足元の影の色を濃くし 数カ月前の惨劇が 無かった事のようにさえ感じられたが、確かに あの夜の出来事が現実だと知らしめる三人の生き証人が目の前に居た。

それにしても よくぞ生き延びられたものだ。


[【蒼き月 金色の竪琴 / 第五夜 境界 】 その4]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。