残念な時帰呼が綴る 残念な感じのON>OFF生活


総閲覧者数: 現在の閲覧者数:


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月21日木曜日に 名古屋へふらっと出掛けてきました。 行く先は 名古屋・栄の久屋大通り公園。 本日まで開催されている オクトーバーフェストへ行く為です。 オクトーバーフェストというのは ドイツで10月に行われているビールをたらふく飲む祭りらしいという 漫画からの情報だけの貧弱な知識しかありませんです。

誰もが 思うでしょうが、何故 7月にオクトーバーフェストというつっ込みは野暮ってものです。

まぁ、古くからの伝統的な唄に在るように 日本人は酒が飲めさえすれば理由なんてどうでもいいという民族性の持ち主ですから 私も細かい事は拘りませんww


とりあえず、豊橋から 名鉄に乗って一路名古屋へ…。 名古屋駅から地下鉄に乗り換え 栄駅へ到着したのは お昼過ぎでしたから 平日の開催時間の午後3時までには まだかなり間が有りました。 こんなに早く来たのは もうひとつの目的が有ったからです。 それは、来月6と7日の二日間に開催される 第一次領土復興遠征ツアーの会場になる 愛知県芸術劇場の下見をする為です。

しかし、毎度のことながら 現場に行けば何とかなるだろうというアバウトな性格の為 地下鉄の出口から地上に出た途端に方向を見失い あたしは何処? 此処は誰?状態にwww

ふと見ると、テレビ塔がありますから、この近くである事は間違いないのですが。 適当に見当をつけて歩き出しましたが さっぱり判りません。 其処で とりあえずオクトーバーフェストの会場を探す事に目的変更。 栄セントラルパークという地下街の上にあるテレビ塔の立つ緑地帯を歩きつつ またもや見当違いの方向へ歩いている気が ヒシヒシとして来たので ここは意地を張らずに 近くにいらっしゃった駐車場の管理人さんに道を聞いたところ どうやら反対方向に歩いていたようです。 何たる悲劇;;; 結局 歩きだした地点の背後にあった公園がフェストの会場だった事が分かりました。

フェスト会場にはいると スタッフの方々が忙しく開場準備をしていらっしゃいました。 その様子を見ていただけで ワクワクが止まらなくなる時帰呼。

さて、此処には のちほど戻って来る事にして、今度は 愛知県芸術劇場を探しましょう。 携帯で検索をかけ 探したところ 先程 彷徨い歩いていた時に 何となく怪しいと思っていた茶色の大きな建築物のようです。




そちらへ歩いて行くと 変わった形の天蓋がある不思議な公園(?)を発見。 オアシス21という商業施設のようです。 硝子の大きな天街の上には水が流れていて その下に在る 半地下街から見上げると涼しげで これがオアシスという名の由縁でしょうね。 オアシス21の地上部分は緑化された公園となっていて その向こうに 建物が 愛知県芸術劇場でした。



しかし、思いのほか 屋外のスペースが広くないので 此処に多くのサンホラーの方々が詰めかけるとなると 入場待機スペースや 物販待機列を何処に作るのだろうと 少し不安になってしまいました。

とりあえず、劇場すぐわきに在る 地下鉄栄駅出口4Aは かなり狭いので、もっと遠くの出口から地上に出て オアシス21を目標に在るいて来た方が無難なのではないかと思いました。



一応、西口と表記されていた入口から開場内のロビーに入れたので 内部も見てきましたが、ロビーはかなり手狭で 床面にも階段部分が多く段差がかなりあるので 何処の会場でも同じように 当然のことながら 当日は あまり急いで歩いたり押しあったりすると危険だと思いますので 皆さまご注意を。

そんなわけで、領復会場の下見は終わったので わたくし時帰呼は オクトーバーフェストの会場に戻る事にしました。




オクトーバーフェストのレポート 次回に続きます。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。