残念な時帰呼が綴る 残念な感じのON>OFF生活


総閲覧者数: 現在の閲覧者数:

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはようございます(^0_0^)

なんだか、体調がすぐれませんが頑張っている時帰呼です

まぁ、夏バテの軽いヤツでしょうから大丈夫ですが^^;


今日は、詩のようなモノを投下します。



******


肌が触れ合うほど近くに

吐息が触れるほど近くに

君の頬の産毛が はっきり見えるほど近くに


こんなに近くに ふたりは居るのに


君の瞳に 僕の姿は映らない

僕の言葉は届かない


君の瞳が愁いに陰り

傷ついた心が 声を上げずに 叫んでいる


けれど 固く結ばれた唇が 開かれ

その哀しみの理由を語ることはない


ならば 君の代わりに 僕が語ろう…


君という光りと

僕という闇の物語りを


君のために 歌おう


光りという名の愛と

闇という名の憎悪の物語りを


深い 深い 闇の底から

碧い 碧い 月を見上げて…
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。