残念な時帰呼が綴る 残念な感じのON>OFF生活


総閲覧者数: 現在の閲覧者数:

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはようございます

土日に ほとんど何も出来ずに 寝続けていた時帰呼です。
ああ、日曜日に ベイブレード&デュエルマスターズの映画を観て来ましたけどね。

実は 時帰呼は カードゲーマーでもあったんですよWW
最近デュエマの元気が無いのは ちょっと残念です。

ベイは テレビアニメ版を少し観ていますが キャラが可愛いですよね。
映画版では 正宗が なかなか良い味を 出しておりました。
新キャラのヘリオスの傍若無人で勝手気ままな発言に 爆笑しそうになっていたのは秘密ですWW

「一人、二人は 面倒だ! 纏めて掛かってこい!!」
「おまえらに、用は無い!!」
「俺の相手は 銀河 お前だけだ!!!」

(いや… 君が 掛かってこいと言ったのでは!?)


以下は 以前に書いた 奴隷軍 シリオルアメSSです。

よろしければ、どうぞ…


 ******



降りしきる雨の中 行軍する奴隷軍

黙りこくり、ひたすら歩き続けるアメティストスの銀糸のような髪の色は ずぶ濡れとなり
その色を 深く、濃くして 灰色に変わり 緋色の差し毛は 血の色のようだ。

濡れそぼる前髪からは 雨粒が滴り落ち 陰鬱な眼差しは 何を見ているのだろう?

私が 此処に居る事さえ 忘れ果てているかに思えて 突然の不安が 沸き起こり 胸の中で 何かが破裂しそうになる 。

「閣下!」

思わず 口を突いて出る言葉
闇のような暗い紫色の瞳が ニ~三度しばたき 私の顔を見つめ返す。



「何だ?オルフ」

瞳の色は いつもの明るい紫水晶の色を取り戻し 優しく微笑んでいた。

「どうかしたのか?」


私が 言葉に窮していると その笑顔が陰り 心配そうな顔になる。

私は、慌てて ブンブンと手と首を振り

「やっ!・・なんでもないです! しかし、よく降る雨ですね閣下!」

部下のうろたえ振りに 怪訝な表情を見せながらも 閣下は、再び微笑んで言った。

「そんなに 見とれるほど良い男か? 私は? ああ 水も滴る 何とかってやつだな!?」


「男ぶりならば 閣下に 敵う者などいませんよ!」

話に 割って入ってきたシリウスが ガハハと大笑いをする
よくもまぁ そんな事を サラッと言えるものだ・・

それが 世辞ではなく 素直な本心から出た言葉だという事が 自分だけではなく
我々三人の会話を黙って聞いている周りの兵達にも分るというのが 羨ましいかぎりだ。

とても 自分には真似できない芸当だと言えよう・・


「それにしても・・」

「なんだ オルフ? さっきから 変な奴だな」

閣下の その紫水晶のような透き通る瞳を 真っ直ぐに見返すことが なんだか憚られて
ツイッと 眼を伏せずには いられない。

「どうせ 私は変な奴ですよ!」

「なんだ 拗ねてるのか? いい歳をした男が 拗ねて見せたところで 可愛くもなんとも無いぞ!」

なんて奴だ!? シリウスの無遠慮な その言葉に なんだか無性に腹立たしくなってきた私は 大股で歩き出すと 振り向いて言った。


「シリウス あんたとは どうも性が合わないようです! 少し行動を別にした方が良いかもしれませんね!」

「ハハハ まるでガキだな オルフ!」

「なんですって!?」


間に 挟まれて困惑しきっていた閣下が 突然 大きな声をあげた。

「見ろ! オルフ! シリウス!!」

いつの間にか 雨は上がり 閣下の指し示した方角に でっかい虹の架け橋が 架かっていた。


「口喧嘩は ここまでだ あんなに綺麗な物を見ても 喧嘩を続けられるのか? お前達は?」

ニコニコしながら まるで子供のように 虹を見上げる閣下の様子を見ていたら
今度は なんだか急に くだらない言い争いが馬鹿らしくなってきた。



「・・ですね 閣下」

たしかに 虹を見ていると 誰でもニコヤカな顔になってしまうものだ。


「いやぁ 私は 綺麗な虹よりも 酒か食い物の方が 幸せな気分に成れますがね」

そのシリウスの言葉に 閣下と私は 顔を見交わし 苦笑いをするしかなかった。



前言撤回 どうやら 約一名は 風流という物を解せない輩が居るらしい!!


間も無く 虹は消え去り 雲間から太陽が顔を覗かせると
我々一行は 再び長い長い行軍を開始した。


  【雨の中】 了

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。