残念な時帰呼が綴る 残念な感じのON>OFF生活


総閲覧者数: 現在の閲覧者数:

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おはようございます。

今日も今日とて、コタツで寝落ちしていた時帰帰呼子です いや 時帰呼です。← お疲れモード;;;


我社にも 年末進行が有るらしく、急に仕事量が増えて 昨日は残業塗れでございました(泣)
今日も、沢山 働かさせて頂けるみたいで たいへんありがたく思っていますww
(東京行きの荷造りができないよう!)

しかし、ゴロゴロしていても仕方ないので、とりあえず、出来る事だけでも やっておこうと思い、日曜日に作った手土産の製本作業をしておりました。

大したものではないですが お茶会でのお楽しみと言う事で…ww 嗚呼、因みに SSではないです。


それにしても、パスポートが見つからない(大泣)
うむ、何処かに在るとは思うのですが、毎度 何処かへお隠れになってしまうのは どういう訳なんでしょうか?

明後日には いよいよ私もメルコンに参加できます。 楽しみ過ぎて夜も… ぐっすりですww


話題変わり、 【生と死を別つ境界の古井戸】の考察の件、補足。

童話『ホレおばさん』に ほとんど100%忠実に物語りが展開する この曲は、たぶん「二通りの解釈をしてくれたまえ」という 陛下の御心が働いている曲なんだと思います。

曲タイトルにも有るように、素直に受け取り 【生】に天秤が傾けば 明るく ポップで無邪気な女の子の ずいぶん可愛い復讐劇になるのでしょう。(誰も恨まず…)

そして、【死】に傾けば 明るい曲調が 殊更恐ろしく感じられる無関係な者までも巻き込む 恐ろしく最悪の復讐劇と化すのでしょうね。(嘆いたところで もう手遅れ!!)

同じ運命でも その受け取り方、受け入れ方で 己のその後の運命が変わる… と言うより、 どんな過酷な運命が待ち構えていようとも をの後の運命、生き方(逝き方)を 自分自身で選択できるんだよという 陛下からのメッサージュが隠されているのではないかな?

これは、あくまでも 私の個人的解釈なので 悪しからず…ww

でも そう考えると、この曲が アルバムの真ん中に位置する意味も 充分うなづけるんじゃないかと思います。


スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
お仕事お疲れ様です!

古井戸はものすごい曲ですよね…
私もひねくれ者ですw

まさにアルバムの真ん中にぴったりですね。
生と死、どっちに受け取っても好きです。


手土産に製本ですって…!?
なんだろう、どきどきだわ…
2010/12/28(火) 22:50 | URL | 紫織 #rzVhfMJo[ 編集]
お疲れ様です(´ω`;)
昔は僕もこの時期は繁忙期でイライラでした(笑)

そんなことはさておき←
井戸子ちゃんの曲は本当裏表がはっきりしてますよね。

頑張ってみても実らない者…
頑張らなくても実る者…
実る者からの足枷…

など色々ですが、まぁ陛下は頑張ってみれば素晴らしい人生もあるよって言う事なのかな?と捉えてます(^^;

やはり生と死の題材者は難しいですね(^^)
2010/12/29(水) 05:51 | URL | 神威 千夜 #WG3/H9bE[ 編集]
> 紫織さんへ

おつありです!(*^▽^*)

何故だか 来年から夜勤も再開する予定になり
またもや 忙しくなりそうな気がしますが その一言で頑張れそうな気がします。

今回のアルバムも 聴けば聴くほど 新たなる発見や気付きが有り
私も、連日 驚きと感動に包まれながら絶賛エンドレスリピート中ですww

宵闇の唄と暁光の唄も大好きですが、特に その他の曲の中では 古井戸がとっても気になる大好きな曲です。

生と死 其れは 私達にとって 永遠のテーマだからなのかもしれません。


手土産は まぁ それほど期待する程のものではないですから(汗)

いつも コメントをありがとうございます。
30日のお茶会で 御会い出来る事を楽しみにしております。


 
2010/12/30(木) 02:57 | URL | 時帰呼 #-[ 編集]
> 千夜さんへ

どんなに忙しくても(多少ボロボロになりながらも)
千夜さんの励ましの御蔭で元気が復活します。

いつも 暖かいコメントをありがとうございます。

井戸子ちゃんは 明るく健やかに悲惨なので 聴いていると楽しくなってくる曲ですよね。
ただし、アナザー古井戸に脳内変換しない限りは… ですがww

いや、勿論 アナザー古井戸も大好きですよwww

思うように行かない事ばかりの毎日ですが 少なくとも前向きに生きて行かないと 前進はないですからね;;

一日一歩、三日で三歩、三歩進んで 二歩どころか三歩も四歩も下がる人生を歩んでいる自分ですが、倒れる時には 前のめりに倒れたいと 私は常々思っています。

2010/12/30(木) 03:16 | URL | 時帰呼 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。