残念な時帰呼が綴る 残念な感じのON>OFF生活


総閲覧者数: 現在の閲覧者数:

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはようございます。

最近 スランプでなかなか筆が進まない時帰呼です。

今回のSSは 【Moira】のスコルピオスが デミュトリウス亡き後 その死の責任をレオンに負わせ 一時的にアルカディアの玉座についた ほんの束の間 スコルピオス陛下と呼ばれた一時期のお話し。 スコピーだって 陛下って呼ばれていた時期が有っても良いじゃないかって言う 俺得設定です。

まぁ… 結局は スコピーは ちっとも幸せそうではありませんが;;;


気分転換に書いた ずいぶん久しぶりの SSですが 宜しければ ご一読を…



P.S.:ああ、先日の着物の絵は 描いていますので もう少しお待ち下さいませ。




  ******



ばっくりと開いた傷口は まるで スコルピオスを嘲笑うかのように 真っ赤な口をいびつに開けていた。 玉座に座った自分の足元を見ると、今でも奴の骸が転がっているような気がする。

『アレホド信ジテイタモノニ 裏切ラレタトハナ・・・』

耳元で 囁く声がする

「黙れ!」

そう叫んで 慌てて口をつぐむ…。 側近の衛士が その声にピクリと肩を揺らさせたが、 背を向けたまま 振り向いたりはしない。 ここ数カ月の間に すっかり慣れてしまったのか それとも、狂える王の癇癪に触れて無礼討ちになった先任の衛士の死に様を思い出したのかも知れなかった。

誰も、この赤き毒蠍王の怒りに触れたくはないのだ。

皮肉なものだ。

長年、ひそかに画策し、謀略を持って斥けた先王デミュトリウスが あれほど固執し、しがみついていた玉座を奪い取り、遂に王たる地位に上り詰めた今、辺りを睥睨してみれば、なんの感慨も湧かない自分を見つけただけだったとは…

これより先、長年続く戦乱と自らの起こした内乱により疲弊した母国を安定し、かつての栄光溢れるアルカディアを取り戻し… いやっ! それ以上の栄華を築き上げねば 何の意味も無いのだ。

ギリリと玉座のひじ掛けを握り絞めると パキリッと小さな音を立て 爪が割れ、ハタハタと流れ落ちた鮮血が 磨き上げられた白亜の床の上に 奇妙な紋様を描き出した。

眉を潜め凝視する…



「ク・クククククッ… 」

自然と 唇の端が引き攣り、いびつな笑みがスコルピオスの病人のように青ざめた顔を支配した。

「貴様の思い通りになどならぬ…」

誰に 語りかけているのか…


スコルピオスの赤褐色の瞳が、ぎょろりと辺りを見回し ひび割れた声が 王の間に木霊した。

「まだ、レオンティウスは捕縛出来ぬのか!?」

今や、次代のアルカディア王家を担うはずだった英雄レオンティウスは、スコルピオスの謀略に嵌まり 親殺しの逆賊と陥れられていた。

スコルピオスのあからさまな謀略に 人々は 眉をひそめ 疑問を持ちながらも、今や絶大なる権力を手にした赤き蠍王の眼と耳を恐れ 口をつぐむしか他にはなかったのだ。

「ナニヲ 焦ッテイルノダ オマエノ望ンダ物ハ モウスグニ 全テ手ニ入ルダロウニ…」


「いつになく 雄弁ではないか、化け物め…」

スコルピオスの暗澹たる赤い瞳はかつて野を駆け 広大な戦場に勇名を馳せた戦士のそれとは似ても似つかなぬ光りに支配され、もはや廻りの者の耳など気にかけぬように 王座の背後の暗がりに潜む何者かに向かって話し掛けていた。

「ヒドイ 言ワレヨウダナ…」

黒い影が 少しばかり拗ねたような口調になる。

「化ケ物ト 言ウナラバ オマエモ同類ダロウニ」

「確かにな…」

スコルピオスの薄い唇の端が 微かに上がった。


「スコピー…」

玉座の反対側の暗がりから 哀しそうな声がした。

振り返らずとも それが誰の声なのかは分かる。

だが、スコルピオスはその声には応えずに、昔 戦場において傷めた膝の古傷の痛みに顔を歪めながら 立ち上がると、幽鬼のようにふらつく足どりで王の間から抜けだし 久方ぶりに王宮の外へ出た。

いつの間にか、夜が明け、遠く列なるアルカディアの山々が、山の端を赤く染めながら黒々としたシルエットを描き出していた。

今だに、じくじくと膝は酷く疼いたが 気分は それほど悪くはなかった。 雨が近いのだろう…。


「もうすぐ… もうすぐだ。お前と俺が思い描いた理想国家、エリュシオンが… もうすぐ、そこに…」


見上げると 灰色の空の中天高く 鈍く光る 銀色の残月が掛かっていた。



【残月】 了






スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。