残念な時帰呼が綴る 残念な感じのON>OFF生活


総閲覧者数: 現在の閲覧者数:

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イドルフリードさんて 誰?

航海士にして、古井戸子ちゃんのファッティー、 つまり、お父上?

なんで 井戸なんかに落ちるという ドジな最後を遂げたの?

その、落ちた井戸って 古井戸子ちゃんが【ceui!】って飛び込んだ井戸とは別の井戸ですよね。
だって、そんな人が落ちて死んだ井戸を そのまま日々の生活に使い続けるなんて とても考えられないから。

じゃあ、何処の井戸に落ちたの?


やっぱり、メルが落ちた井戸に落ちたのかな? だって あの井戸は人を呼び寄せる井戸だから…。

ちょっと考えたんですが、メルメルの外見って イドルフリードさんとそっくりですよね? 何故?


それって、もしかしたら メルメルの中にイドルフリードさんも居るってこと?
いやいや、イドルフリードさんの外見をした何かの中に メルツが居るって事なのでは?

よく考えると メルメルって イドルフリードさんとメルツの外見を混ぜこぜにしたような気がします。


 …で

ここから 時帰呼の妄想が暴走し出す訳です。

私は『誰』なのか? 誰? 誰? だれ・? ダレ?

もしかして、誰でも無いのかも…。


記述が抜け落ちた 真っ白なその頁(かみ)を 宵闇に染めてゆく


この歌詞は 其のままの事実を述べているのではないのでしょうか?

 Marchen von Friedhof メルヒェン フォン フリードホフ=墓場から生まれた童話

即ち 彼自身は 本当は誰でも無くて 元々は真っ白な何も記述されていない 一冊の本だったのでは?


グリム兄弟が 各地で語り続けられてきた民話や言い伝え 民間伝承を収集して作り上げたグリム童話のように、今 私達が目にしている メルヒェン フォン フリードホフという人物(?)は 復讐劇という物語りを 自らが収集し 自らに書き記した 一冊の本が擬人化した姿だとしたら…。


つまり、メルツが井戸に落ちる前から メルヒェンは存在し メルツが井戸に落ちるのも見ていた。 そして メルツとテレーゼの復讐もまた メルヒェンに書き記された一篇の物語りなのではないでしょうか?

メルヒェンさんの外見は 主にイドルフリードさんの物ですが、人格は もっとも最近 井戸に落ち イドに取り込まれたメルツの人格が強く出て来ているのかもしれません。

もっとも メルヒェンさんの人格は これまでに井戸に引き込まれて堕ちてしまった人間たちの精神の複合体になっているような気がします。 だからメルヒェンさんは 自分が誰なのか忘れてしまったというよりも 混ぜこぜになった精神のせいで本当の自分が誰なのか分からないのではないかと 時帰呼は考えました。


メルヒェンさんが 屍人姫たちの復讐という名の唄(物語り)を集めていたのは 書物としての本能のような物だったのかもしれません。 そして、メルヒェン フォン フリードホフという書物の所有者は 井戸の底に潜むイドだったのかも…。 

だとしたら、イドは、 グリム童話のように 200編の物語りを集められなかったのは さぞかし無念だった事でしょう。

    
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。