残念な時帰呼が綴る 残念な感じのON>OFF生活


総閲覧者数: 現在の閲覧者数:

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おはようございます(^0_0^)昨晩も みごとに寝落ちしてしまった時帰呼です。


さて、此処でいきなりご報告。

昨日、疲れ果てて帰宅したところ薄い水色の大きな封筒が届いていました。 コミケからの郵便物です。
「おお!? これは!」 恐る恐る開封してみると 光輝く箔押しの刻印が眩しい出店サークル専用通行証が同封されていました!

おおお! 当選しました。 夏コミ参加決定です!! 昨年末の冬コミは 見事に落選してしまったので 一般参加して来ましたが、コミックマーケット80には 直接参加させて頂ける栄誉を賜りましたですよ。 Moiraよ!! ←良い意味でww

そんなわけで、配置場所と参加日時は以下の通りとなりましたので 宜しくお願い致します。


 2011年 8月13日 土曜日

 東地区 ウー29a 『まぜるな危険』




うわぁあ! さぁ どうしよう!? まだ 持って行く本の原稿は 完成には程遠い状態です。
これは 急ピッチで書かないと間に合わないぞ!!
幸い、今月は 18~19日の土日以外には 特に予定が無いので 全力で頑張ります。

そんな訳で、現在 書いているのは 以下のようなお話です。 ほんのさわり部分ですが 宜しければ以下へお進み下さいませ。








【小川を渉り】


鬱蒼とした暗い森も 何処からか聞こえてくる動物の鳴き声も 少しも怖くは無かった。

足元には 分厚い苔が生え、一歩踏み出すたびに足を取られたけれど、そんなことは少しも苦にならない。

もうすぐ…、もうすぐ やっと会えるんだわ
クスクスと思わず 笑い声が緋色の唇からもれてしまう。

「貴女の 唇は どうしてそんなに緋いの?」

それは 誰が問いかけた言葉だろう?
ううん、今はもう そんな事はどうでもいい。
温もりが欲しかっただけだったのだから。

そう、他には何も欲しいモノなど無かった…
なのに、どうして… 何もかも 私の手から零れ落ちて逝ってしまうのだろう?
何度も 何度も問いかけた疑問。

けれど、あの方は けして答えてはくれなかった。
そう、いつだって沈黙したまま…。

眼の前に うっすらと残されているのは、森の下草が ぼうぼうと伸びて、只の藪と見分けがつかない獣道と言ってもいいほどの 殆ど人が通うことも無い古い道。

けれど、彼女が 迷いそうになりながらも どうにか辿ることが出来たのは 幼いころ 森の動物や小鳥たちと戯れながら遊び歩いた道筋だったからだろう。

ほら、耳を澄ますと すぐ近くに水の流れる音がする。
手を伸ばし行く手を遮る小枝を押し除けると 其処には尼僧の衣を纏った彼女にも一跨ぎで越えられるほどの小川が在った。 だとすれば、この向こうに『おばけ樅の木』と幼いころ彼女が名付けていた 蔓や苔に太い幹を覆われた森の主のような古い大樹が在る筈だ。

昔と少しも変わらず小鳥たちは唄い 森のあちこちに生き物の気配がする。けれど、幼い頃夢見たおとぎ話の中のように 彼らは人の言葉で語りかけてきたりはしない。 ただ、彼らに断りなく森に立ち入って来た侵入者に警戒の声を上げたり 慌ただしく飛び去って行くだけだ。


「ああ、ムッティ… 私は幸せだったわ…」





こんな感じの素直な始まり方のお話ですが まぁ 時帰呼の書くSSですから 途中でかなりひねくれた展開になるよていです。 とにかく 原稿がんばるよ ファーティー!!

そして、記事の末尾になり申し訳ありませんが、いつも 拍手コメントを ありがとうございます。 仕事に疲れた心と体にはまるで RPGの回復薬のように 効果はばつぐんです。 拍手コメントレスは 追記にて書いておりますので 宜しくお願い致します。


拍手コメントレス

>゚マ~プル。さんへ 返信

うおぉお!? なんというMoira! 私の【獅子王伝】を偶然にも その日に読んで頂いていたなんて。 ありがとうございます。  これから先に書いて行く作品も そんな風に何度も読み返してもらえる事に耐えられるような作品にしていきたいと思います。

痛む身体を 宥めすかしながら生きてゆくのは 私も毎日感じている実体験なので 共感を感じて頂けたならば幸いですww

しかし、゚マ~プル。さんの 日頃のパワフルな活躍ぶりを拝見していると 元気を分けて頂いている気がしますので そんな事 あるのかな…ッと思えてしまいます。 これからも沢山の素敵な写真を楽しみにしておりますです。

コメントありがとうございました。



スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。