残念な時帰呼が綴る 残念な感じのON>OFF生活


総閲覧者数: 現在の閲覧者数:

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おはようございます(^0_0^)

今年の梅雨は雨が少ないみたいですね。愛知県は 相変わらずの曇り空。

梅雨の季節といえば 紫陽花ですが、時帰呼の住む愛知県の東三河の形原温泉には 紫陽花寺とよばれる 名所が在ります。

観光地なので 季節になると 多くの人手なのですが 賑やかな場所が苦手な私でも 紫陽花が咲く出すと 何故か 毎年行きたくなるほどの 見事な眺めが楽しめます

そこは 山の斜面に 様々な品種の紫陽花の数えられないほど多くの株が植えられていて 下から見上げると かなりの壮観で、紫陽花の咲き誇る真ん中には大きな池があり、錦鯉や鴨が泳いでいて、一番高い場所からは遠くに三河湾も望める絶景スポットで、かなりベタですが『恋人の鐘』なるものも用意されています。

紫陽花祭の期間中は、ミニコンサート等のイベントも催され、もちろん、様々な露店も出ていますから 目と口と耳で 梅雨のさなかでも明るい気分になれる 時帰呼のお気に入りの場所です。


次の日曜日あたりに 日々の疲れを癒しに行ってみようかな? っと思っています。




以下より゚マ~プル。さんへの返信です。

折りたたんで 追記に…。
 しかし いつものグダグダ語りになってしまい 返信になって無いかもww
>゚マ~プル。さんへ 返信

うちの父親は 亡くなって 今は 何処にも居ません。 正直言って 目茶苦茶 仲は悪かったです。

でも、今となっては 嫌だったところは ずいぶん忘れてしまいました。 まぁ、良いところばかり 心の中に残っている… と言いたいところですが、良いところっていうのが うちの父親には ほぼ無かったのでww
残っていると言えば、父親の笑顔と怒った時の顔の記憶くらいのものです。

いまだに、実家に帰って 仏壇に在る父親の写真を見ると なんだか死んでしまったのが実感できず、居間の いつも父親が座っていた場所に 座っているような気がします。

人間って、不思議ですよね。 大嫌いだった人間の事も 懐かしく思い出す事が在るんですから。
ある意味、そうやって 生きている人間の心の中に 死んでしまった人間の魂の欠片が残っているのかもしれないなって思います。

それが 良い思い出か悪い思い出かは 別にして…。

人間 死んだら あとには何も残らないって言う事だけは 真実ではないと… そう思えます。

自分も 生きている間に いろんな人に覚えていてもらえる人間になりたいな。 出来る事なら 良い意味でww


 
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
へぇ~、紫陽花祭とかあってるんですか!
いいですね~(・∀・)
福岡は来月が祭なんで←山笠www
是非週末にっ(^w^)


僕も父親は不思議な気持ちになってますねー。
話す事は面白話が多かったりして、嫌な話は少なくなったけど、やっぱり憎んでいる気持ちは消えては居ないし…って感じで。。
僕も色んな人の心に残る…命のバトンリレーになりたいですね。
2011/06/17(金) 06:59 | URL | 神威 千夜 #WG3/H9bE[ 編集]
>千夜さんへ

紫陽花祭りの記事を アップしました。 読んで頂ければ幸いですww

お祭りっていいですよね。 何だか特殊な空間。

露店の店先で揺れる 裸電球の温かい光。

辺りに漂う やきそばの香り。

行きかう人々の顔は 皆 微笑んでいて

手を引くお父さんの顔を見上げれば…


いつでも、いくつになっても

お祭りという言葉を聞いただけで 様ざまな思い出が甦ってきます。


もうすぐ、夏祭りの季節ですね…


  
2011/06/22(水) 06:08 | URL | 時帰呼エトワール #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。