残念な時帰呼が綴る 残念な感じのON>OFF生活


総閲覧者数: 現在の閲覧者数:

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはようございます(^0_0^)

朝っぱらから すみません。 今回はお酒の話ですww 


お酒って 良いですよね。

独り飲む酒 友達と飲む酒 哀しい酒 嬉しい酒

これまでの人生で 数限りない杯を 飲み乾して来たけれど

これからの人生の中で 出来るだけ多くの 美味しい酒を

大切な人と 酌み交わしたいと思う。







【その手には…】


落涙した雫が 手にした杯に落ちた

揺れる酒に 歪んだ顔が映る


「笑って…」

君は 私の笑顔が好きだと言った

君のその言葉が 私の笑顔を もっと輝かせてくれた


思い出は過ぎ去る事は無く

今も 此処に在る

そっと胸に手を当てると トクントクンと私の命が時を刻んでいる


そう、無くなる事なんて無いんだ

忘れはしない 君の笑顔を

消え去ったりはしない 君の言葉は


思いだすと 胸がズキリと痛んで 私の胸の中の旋律が乱れた


(其れも 一瞬の事)


キリリと締め付けられた激しい痛みが ゆるりゆるりと去った後には

君が遺してくれたものだけが

確かな温もりとともに ずっとずっと此処に在り続けるんだ…


酒杯の中に映る月を ぐいっと飲み乾し

涙に濡れた紫眼で 夜空を見上げれば

其処には あの頃と少しも変わらぬ見事な満月が ぽかりと浮かんでいた。



   【その手には…】  了







スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。