残念な時帰呼が綴る 残念な感じのON>OFF生活


総閲覧者数: 現在の閲覧者数:

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こんにちわ(^0_0^)ブログの更新と夏コミ原稿をさぼりまくって遊び呆けて来た時帰呼です。

8日の朝早く 豊橋駅から新幹線に飛び乗り ぴゅーっ!新横浜へ向かいました。 天候は生憎の曇り空でしたが 雨は落ちて来そうも無かったので 傘は持参しませんでした。

新横浜で同道者の出迎えを受けて合流後 横浜経由で元町・中華街駅へ到着。 駅構内の案内板を頼りに 一番出口から地上に出ると、すぐ左手に大きな門が見えました。 横浜中華街に在るいくつかの門の内の一つです。

とは言え、まだ 時間は十時前。 何処のお店も まだ開店時間ではないので、門に入ってすぐにあった交番に行き たぶん仮眠中だった(?)寝ぼけ眼のお巡りさんに道を聞き、山下公園へ向かいました。

途中 カフェでアイスカフェモカとアイスティー ジャーマンドックとチリドックで朝食を取り、お腹が膨れたところで山下公園へ。

山下公園って…、何にも無いのですね(笑) いや、田舎者なので 何も知らないのですよ。 仕方が無いので ベンチにしばらく座っていましたが 曇り空とは言え かなりの暑さ、このまま引き返すのもシャクなので 港に係留されている 『氷川丸』の中を見学させてもらいました。


 

正直、あまり期待していなかったのですが、当日は 金曜日という事も有って 観光客は 数組しか居なく タップリ時間をかけて 当時の華麗な船旅の一端を伺わせてくれる昭和初期に造られたアールデコの内装に彩られた貨客船の中を、とっても興味深くゆっくりと艦内を見学させていただけました。

狭いながらも豪華な内装の一等客室から 空間を広く見せるために鏡が効果的に使われた華麗なレストランホール、シンプルながらも使いやすそうで豪華な船長室 様ざまな計器や舵輪が設置されたカッコイイ操舵室、

それらを見た後に 一旦甲板のデッキチェアーで一休み、その後 一等客室とはうって変わり狭くて換気の悪そうな三等客室を通り過ぎ さらに艦底へと向かいました。 艦底には機関室が在り 其処には巨大なディーゼルエンジンが所狭しと立ち並び すでに長い間動いていないというのに いまだに機械油の臭いが充満していました。





豪華な船旅を楽しむ一等客室の乗客と 狭く息苦しい空間で長い船旅を耐える三等客室の乗客 あるいは 熱気とオイルに塗れながら 懸命に働き続ける機関員たち乗務員 当時も今も変わらぬ ちょっとした社会の縮図を感じてしまったのは気のせいでしょうかね? 


  

さて、思いのほか 楽しめた氷川丸を後にして、いよいよ 当初の目的地『横浜中華街』へと 戻ってまいりました。 時間は 既に午後一時過ぎ いい具合にお腹もすいて来たので どこかの中華料理店に入らなくてはなりませんが、先日 地元の馴染みの店カラヤサで 横浜中華街に行くと話したところ 「当たり外れのお店が在って 三回行ったけれど 三回ともハズレだった」と脅されていたのでww 少々 びくつきながら あちこちの店先から店内を覗きこみつつ 途中 甘栗売りの呼び込みの声を振り払いながら通りを歩いて行きました。

しかし、ぱっと見同じようにしか見えない店が立ち並んでいるので さっぱり判断が付きません;;;

そこで、時帰呼は 個人的偏見基準を設けて探してみました。

一、団体客が集りそうな大きな店は避ける。

二、食い放題の店は避ける。

三、ちょっと路地に入ったところに在る こぎれいな小さな店を探す。


理由は 特に無いのですが、まぁ 長年の勘ってやつですね。 勿論 店先に在るメニュー内容 特に コース料理の品選びがあまりありきたりで 見た眼ばかり重視した写真が掲載された店は 要注意だと思います。 だって 安い値段で伊勢海老とかww ありえん!(^^; 伊勢海老のチリソース煮を出すのだったら 大きめのえびを使った普通の海老チリを出す店を時帰呼は信用します。

そんなこんなで、うろついている内にちょっと良さ気な店を発見。 店頭に出ていたお姉さんの「絶対美味しいよ」の言葉に素直に従ったわけではないのですが、前述の判断基準に合致するようなので 入店を決めました。

お店の名前は広東料理『龍華楼』 店内に入ると五つ程のテーブル席が在るだけの小さなお店です。 奥には客席から見える調理場が在り ふたりの中国の方と思われる料理人さんが働いています。 先客はふたりの男性が座っていて どうやらランチの定食メニューを食べている様子。

先程のお姉さんがメニューを持ってきてくれたので とりあえずゆっくりとメニューに目を通します。 一品一品の単価は それほど高くも無く安くも無く バラバラに頼むと結構な値段になってしまいそうなので 今回は 点心のセットを注文しました(1680円×2) セットに含まれているお粥は 私達の我がままで頼んだところ 炒飯に変更してもらえました。 それだけでは 面白くないので 追加にバラ肉入りのパリパリ焼きそばを注文。

飲み物は リンゴ酒と 夏はやっぱり生中ww 料理が来るのを待ちながらふたりで乾杯!!

まず、最初に来たのは 何の付け合わせも無いww 春巻き。 これが 超アツアツで食べるのに一苦労www
仲の具は 噛むと肉汁たっぷり具沢山。 「こ・これは美味い!」 ← どうやら 辺りの店を引いたようです!

冷たいビールと春巻きで胃袋の準備運動完了ww しばらく待っていると 炒飯が登場! これがまた ぱらっぱらの米粒が香ばしい素晴らしい出来「美味い 旨い!」




そしてその次は パリパリ焼きそばがテーブルへ!! これまた 大きなバラ肉がどんっ!と乗った美味しそうな一品。 大きなお肉も箸ですんなりと切れてしまう柔らかさ!!「うまぁーいぃぃーーぞぉぉーーーー!!!!」と某味王さまのように口から怪光線を放ちそうな勢いの時帰呼です。




そしてそして、その次に登場したのは 六種の点心が入ったせいろです。
六種の内訳は エビ入り蒸し餃子、小包肉、肉餃子、もち米で包んだ肉団子、焼売、そして桃まん。




その次は お待ちかねの中華ちまき。 もち米の甘みと鶏肉のだしが混然一体になった絶品!!



「うまぁぁぁーーーーいぃぃぃーーーーぞぉぉぉーーーーーーーーーー!!!!!!!」 



最後に出て来たのは 〆にぴったりの甘さ控えめのさっぱり爽やかで滑らかな口当たりのあんにん豆腐でした。

散々歩き回って探した価値のある 美味しい中華料理を食べられて ふたりとも大満足!!




お店を出てから、少し歩くと三国志で有名な閑羽さまを祭る閑帝廟を発見。 お線香を購入して お参りもして来ましたよ。

兎にも角にも、行き当たりばったり立ったにも拘らず かなり充実した一日でしたww

是非 また横浜に行ったら 広東料理のお店『龍華楼』に立ち寄ってみたいと思います。



スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
なんかもうッ読んでる だ け で 美味そうでッ 写真見なくても想像の翼が広がってッ 

大いに鋭気を養って来られたようでなによりです( ^^)Y☆Y(^^ )






嗚呼、、、、、新作が待ち遠しい☆ミラッ☆

2011/07/11(月) 00:40 | URL | ゜マ~プル。 #bHwfVFXo[ 編集]
よ…よこしま~ー!!(・∀・)!!
もとい(笑)横浜~!!o(≧∀≦)o

絶対行ってみたい、僕的に想い入れのある場所です!!
美味しそう☆
点心に杏仁豆腐…(´∀`)

でも僕的には江戸清(?)の肉まんが食べてみたいッス!
めちゃくちゃ大きくて味の種類も豊富なんですよ~(・∀・)
テイクアウトだけど(^^;

楽しめたみたいでよかったッス☆
2011/07/11(月) 04:56 | URL | 神威 千夜 #WG3/H9bE[ 編集]
>゜マ~プル。さんへ

横浜は 憧れの地だったのですよ。 食いしん坊としてはww
出来れば 赤レンガ倉庫にも行きたかったのですが 距離と時間の関係で 今回はパスしてしまいました;;;。

美味しい料理を食べると 元気が出ますよねww

゜マ~プル。さんのコメント 本当に励みになります。 ありがとうございいます。

夏コミには 頑張って新刊を持参しますので お時間があれば 宜しくお願い致します。


2011/07/12(火) 18:09 | URL | 時帰呼エトワール #-[ 編集]
>千夜さんへ

よこしまぁ~! というと、GS美神を思い出してしまう自分乙ww

横浜良かったですよww と言っても 中華街と氷川丸しか観て来ていませんがwww

肉まんも 当初は食べて来たいと思っていたのですが、お腹に余裕が無く 入りそうも有りませんでした;;;

江戸清の肉まんですか! 今度 横浜に行った時に探してみます。

私にとっては 福岡も 憧れの地なんですよ! 食いしん坊的にはwww

勿論、千夜さんも住んでいますしwww
2011/07/12(火) 18:24 | URL | 時帰呼エトワール #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。