残念な時帰呼が綴る 残念な感じのON>OFF生活


総閲覧者数: 現在の閲覧者数:

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポンポコラーメンをものすごく久しぶりに食べた。

カップ麺ではありません。 袋入りのインスタントラーメンです。
製造メーカーは地元豊川市にある 地方の食品会社 山本製粉株式会社。


具はなんにも入れないで作るのが時帰呼流ポンポコラーメン。 基本的には どんなインスタント食品でも ひと手間加えて食べるのが私なんですが…。 このラーメンだけは 何も入れないのが好きです。

小学生の頃 学校を終わってお腹をペコペコにして帰宅すると 製造会社に勤めていた母親の友達からもらった 麺に欠けがあったりして製造工程で跳ねられた麺とスープが大量に大きなビニール袋に入って 台所横にポンっっと置いてあったんです。

片手なべに水を張り コンロに掛けて沸騰するのをしばし待つ。 お腹はぐーぐー 手にした麺はふたつ。 だって お腹が尋常いじゃなく空いているんですもの…www

泡がボコボコ出てきて お湯が沸いたら すかさず麺を投入。 勿論 具なんて入れたりしません…ってか、入れる具なんて 冷蔵庫の中には無かったのですから。

だから、いつでも スープと麺だけのシンプルインスタントラーメン。 麺の茹で加減は硬目が好き。 ううむ、もしかしたら あまりにもお腹が空き過ぎて 茹であがるのが待ち切れずに 麺がほぐれた瞬間くらいに火を止め しかも丼ぶりに移したりせずに そのまま鍋から食べたりしていたせいかもしれませんね。

めんは、少しだけ太目。スープは濃厚なしょうゆ味。 このスープが大好きだったのですが、今・ふと、何年ぶりか… いや、十年ぶりくらいに食べたポンポコラーメンの袋の原材料表示を見たら カツオエキスなんて書いてあります。 ああ、そうか このラーメンの独特の風味を生み出していたんですね。 いわゆる和風スープだったんだ…。

そんなこんなを 色々思いながら、あっという間にポンポコラーメン完食。 ごちそうさまでした。

なんだか、とっても懐かしい気分にさせてくれた一袋のインスタントラーメン。

具なんて何も入れなくても、とっても美味しいラーメンでした。


ああ、でも 小学生時分、時々 冷蔵庫の中に卵を発見して 麺を茹でるついでに 茹で卵にしたりしていたな…。 茹で加減は半熟…。 箸で割ると とろとろの黄身がとろりと出てきて…。

それが、すごい御馳走だった時代のお話し…。


久しぶりのポンポコラーメン、すごく美味しかったです。

ごちそうさまでした!   
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。