残念な時帰呼が綴る 残念な感じのON>OFF生活


総閲覧者数: 現在の閲覧者数:

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日書いたSSの舞台となっている『私立ミラ学園』は 所謂 学ミラとか学パロとかいうジャンルがあると聞いて 時帰呼なりに書いた物で、去年の六月に地元のイベントで発行した【雨やどり】という作品の姉妹編となります。

普通は 学ミラというと 幸せミラ設定なのですが、私の場合 捻くれ物なので 銀盤にある古代ギリシャとも関わりのある隠されたメインストーリィを持っています。

そのため あちこちに不思議な現象が起こったり、奇妙な登場人物が現れたりします。 しかし、今回は 単なるほのぼのSSなので そんな要素は微塵もありませんが^^;



登場人物の名前が 日本人らしくないのは 一般的学パロにならって、無理矢理 漢字に変換とかしてないからですね。 彼等は それぞれ銀盤本編で亡くなったキャラクターの生まれ変わりです。

そして 私立ミラ学園は 寄りの町からも 1時間以上かかる日本の山奥にある全寮制の学園という設定になっています。

学園長はソフィア先生で 一般教員には 数学を教えるスコルピオス先生、倫理社会と古文担当のミュロス講師、体育教師のポリュデウケス先生などが教鞭を取り

生徒側には 生徒会長のレオン、問題児のエレフ、学園のアイドル ミーシャ、最近になって転校して来たアレクサンドラ、やんちゃなオリオンなどが 全寮制学園という閉鎖された空間の中で生活をするうちに 不思議な体験をしてゆく事になります。

そのきっかけとなるのは、新任教師として赴任してきたタナトスという男の登場ですね。




以下、拍手返信です。




〉゚マープル。さんへ 返信




〉゚マープル。さんへ

コメント返信が遅くなり申し訳ありません。

いつも、我が辺境のブログへの来訪をありがとうございます。

今回書いた学ミラは、今日の記事のように色々と時帰呼の頭の中では考えてあるのですが、なかなか形になりません。 これも私の遅筆がすべての原因です。すみません(泣)


現在、【枷】というオリスコSSを書いているので、まもなく お届けできると思います。 今後ともよろしくお願い致します。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。