残念な時帰呼が綴る 残念な感じのON>OFF生活


総閲覧者数: 現在の閲覧者数:

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山並みの向こうから 朝日が昇り眩しい光りを投げかけています。

真冬ほどではないにしても かなり空気が冷たくなり 道行く学生たちはマフラーを首に巻き付けている。

公園の銀杏が黄色に染まり 舞い落ちた枯れ葉をかき集めるひとの姿


目に映る風景は、どこもかしこも やって来た冬の足音を聞き付けて 少しばかり縮こまって不安げに見える。

いつの間にか 11月も終わりに差し掛かり うかうかしていると すぐに除夜の鐘が聞こえてきそうだ。

年末が近づくと 何故 ひとは、こんなにも追い立てられる気分になるのだろう?
あああ、そんな事を考えている間にも23秒が過ぎてしまった。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。