残念な時帰呼が綴る 残念な感じのON>OFF生活


総閲覧者数: 現在の閲覧者数:

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



おはようございます(^0_0^)愛知の山も色づいてきましたよ。

山あいの新城という所まで行くと もっともっと鮮やかに秋色に染まっていることでしょう…。紅葉狩り…なんて言葉もありましたね。

また、週末にドライブにでも行こうかな?もちろん私のことだから 美味しい秋の幸を味わうのも忘れませんが…。



先日、伊豆に行って来ました。

土曜日は 快晴。

昼過ぎから ゆっくりの出発。

そろそろ 秋色に染まっているはずと 期待に胸を膨らませて。

とりあえず、行く先は決めずに
気の向くままに 車を走らせ、伊豆の方に行けば なんとかなるだろう…との ノープラン♪

これも、最近の 『いつものこと』


沼津の街を抜け、適当に走っていたら どこに自分が居るのか分からなくなってしまった…^^;

スマホの力を借りて 現在地を把握。
今晩の宿も確保して スマホのナビに従い ドライブ再開♪

走っていたら、いつの間にか陽が山影に沈み 辺りは真っ暗。 空には 細い三日月が浮かんでいました。

気づくと 其処は 天城峠。

ループ橋をくるくると回って下り、真っ暗な道を 走り続ける私の車の正面に 先程の三日月が…。

よく見ると、まだ青く昼間の明かりがほんのり残る夜の空を背景にして 月の真ん丸な輪郭が シルエットになって うっすらと見えます。

あぁ、月って 欠けていても真ん丸なんだ…。

そんな 当たり前の事に 生まれてはじめて気づいた 不思議な夜でした。


翌日の天気は 雨。

ほんの一時 天が見せてくれた素敵な贈り物でした。


画像は、翌々日の 日曜日の伊豆の海。 きらきらと輝いていましたよ。

また、行きたいな。

伊豆は 素敵な所でした。



スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。