残念な時帰呼が綴る 残念な感じのON>OFF生活


総閲覧者数: 現在の閲覧者数:

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしようもない焦燥感が 私の背中を ぐいぐいと 押し続ける。

ギリギリの断崖が足元にひろがる。

遠くを見渡せば 遥か水平線の間際まで キラキラと光る海が広がる。

とてつもなく綺麗な光景に 言葉もなく 見惚れていたら 少しだけ心が軽くなってきた。

手を延ばせば 温かな温もり

頬を打つ冷たい海風も もう気にならない。

ふふっ…と 微笑むと もっともっと明るくて暖かくて優しくて柔らかな微笑みが輝いていた。

幸せなんだよ… 今、私は…、

だから ひとこと、

ありがとう。




スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。