残念な時帰呼が綴る 残念な感じのON>OFF生活


総閲覧者数: 現在の閲覧者数:

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青い空に 飛行機雲

朝日を浴びて その航路が銀色に輝いている

それは まるで明けたばかりの青空を突き抜けて

何処までも どこまでも昇天してゆくようだ

翼があれば 銀色に輝く 翼があれば

僕だって どこまでも飛んでゆけるのに

今、自分を見下ろし 両手を見つめる

そこにあるのは なんの変鉄もない五本の指と五本の指

でもね 空は飛べなくても これさえあれば 何かを掴める

自分が欲しいものが 何でも掴める

もちろん 欲張っちゃいけない

この手で掴めるものの大きさは 限られている

だから たったひとつ

ほんとうに大切なものを 手にするために 僕は手を伸ばす

それが どんなにか掴み取るのがむずかしいものでも

僕は手を伸ばす

やっと見つけた宝物だから

そんな風に ちょっとだけ気張って

僕は歩きだす


空は 何処までも 広がっている
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。