残念な時帰呼が綴る 残念な感じのON>OFF生活


総閲覧者数: 現在の閲覧者数:

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おはよう(^0_0^)

そういって 毎朝 メールした。


毎朝、 彼女が 目覚めた時 そのメールを読んだり、私からの10時の電話で 目が覚めたり、お昼近くまで寝ていた時でも 私の留守録メッセージを聞いたりして、

どんな気持ちだったろう?


ああ、私には てっちゃんがいる。

てっちゃんに逢いたいよって 思ってくれたのかな?


応援パワーは 届いていたのかな?



今、何処にいる?




夢を見た


彼女を背負って 壁を伝い降りてゆく夢


穴蔵の中で 穴の中の土を掘り出している夢



夢の中で うまく崖を降りれないでいる彼女に おんぶしてあげるよと言ったら 恥ずかしがって「いいよ~ッ」って言っていたけど、背中を向けたら 俺の様子を背中におぶさってくれた。

俺は 崖を なんとかルートを間違えながらも 下まで降りきった。



そんな夢


夢なんだな…って

目が覚めて わかってしまった、

彼女が 夢の中にいた。







スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。