残念な時帰呼が綴る 残念な感じのON>OFF生活


総閲覧者数: 現在の閲覧者数:

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



日曜の朝。



熱い珈琲を飲みたい。

私はブラック党だから 珈琲を飲んだ直後にキスすると「苦い~ッ!!」と言って彼女は嫌がった。


そうだな、納豆を食べた後は もっと拒絶が激しかった♪


でも、彼女も納豆を食べれるようになってきたんだよと言っていた。

ビールも少し 美味しさが分かってきたと言っていた。

少しづつ いろいろな事が変わっていって、彼女の病気も 少しづつ良くなってきていたんだ。

きっと 少しづつ 事態は好転して、何もかもが良くなってゆくと信じてた。


変わらないものなんて なに一つ無いんだ。



彼女は いなくなってしまった。

哀しい

辛い

悔しい



けれど、それも けして変わらないけれど 少しづつ変わってゆくのだろうか?

様々な事が 変わってゆき、カタチを変えて また甦るように。


私には まだ全然分からないけれど

彼女を愛してる気持ちは 絶対に変わらない。


愛してるよ。








うん、知ってる。



でも、少し怒ってるよ。

うん、ごめんなさい。




でも、愛してる。

うん、愛してる。



スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。