残念な時帰呼が綴る 残念な感じのON>OFF生活


総閲覧者数: 現在の閲覧者数:

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森


新宿か渋谷歩いていたら 地下街が水浸しで地上入り口まで 浸水して びっくりしてしまった夢。

危うく 足を踏み込んで 溺れそうになった。

何人かが 奥が どうなっているのだろうと 潜って行ったけれど、誰も帰ってこなくて 救急やレスキューや警察が やって来て大騒ぎになっていた。

私は どこへ行こうとしていたのか分からないけど これでは地下鉄に乗れないなと諦めて、明治神宮の前まで歩いていった。

神宮の森の道を挟んで向かい側に カフェがあったから、そこへ入って ホットサンドイッチを注文した。
煮込んだチリビーンズと厚切りのベーコンが具の特製サンドイッチ 500円(税込み)

二つ注文したはずが 一皿しか作ってもらえなかったから もう一皿作ってくださいと お店のマスターに頼んだ。

半地下の客席ホールに降りて 楕円形というかカシューナッツのような形の大きなテーブル席の端に座って待っていると 程なくサンドイッチが出来上がって マスターが持ってきてくれた。

テーブル席からは 明治神宮の森が 店の入り口を通して ちらりと見えていて、マスターが「立派な森でしょう?」と言った。

「あれ、人工の森だとは 信じられませんよね」と 私が答えると、「なんだ知ってたのか」とマスター。

「ええ、テレビで見ました」と言うと マスターは苦笑いしていた。


スマホの地図アプリを見ながら、今から呼んでも ホットサンドイッチが 冷めてしまうなと思っていたら。 店の入り口から 二人連れの女の子のが入ってきて 私を見つけて 近づいてきた。

ちょっと感じが変わっていたけれど 彼女と彼女の仲のよい幼馴染みの女の子だった。

幼馴染みの女の子は 店内を見て回っているようだったけれど 彼女は テーブルまでやって来て 私の隣に座って いつものように「えへへ、見つけた♪」と いつもの笑顔を向けてくれた。

私は「よく ここが分かったね」と心底驚いていると、彼女は「なんとなく分かっちゃった」と 満面の笑み。

私は 彼女の二の腕に そっと触れ、「ありがとう」と言った。
その手を 彼女のウエストに回し、「冷めちゃうから、さあ食べよう」と言ったが 彼女の顔を見ていたら、

(あぁ、彼女の笑顔だ)

そんな思いが溢れてきて 涙が流れた。
ボトボトと 涙が溢れた。



…目が覚めてしまった。
起きても 私は泣きじゃくっていた。

夢だったんだと哀しくなった。


けれど、彼女の顔が見れて嬉しかった。

右手には 確かに彼女に触れた感触と温もありが残っていた。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。