残念な時帰呼が綴る 残念な感じのON>OFF生活


総閲覧者数: 現在の閲覧者数:

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはようございます

昨日の 海へ行った時の追記記事を書いて
今日の記事を埋めてしまおうと 画策している時帰呼です。



車を砂浜を望む 駐車場に止めて ボーっと海を眺めていました。
カーステからは 楽にぃの歌声が流れ…

雲は少しばかり 多目でしたが 良い天気

何かを考えようとすると 悲しい事しか 頭に思い浮かびません…

楽しそうだなぁ…


砂浜に 足を踏み込み 歩き出してみたら
細かい砂に 足を取られ
思ったより波打ち尾際へ辿り着くのに時間がかかって仕舞いました。

打ち寄せる波 引く波

足元の砂を見ると 海水に濡れ 黒くなった境目が
刻々と 変化して行き
同じ文様を 描く事は 二度とありません

はぁあ… 時間が 過ぎて逝く



ふと 気付くと 少し離れた処に
たぶん ブラジルかペルー人の親子の姿が…

大きな波が来るたびに 息子を ひょいっと片手で持ち上げ
波から 守ってあげています。

子供は初め 喜んでいましたが

おっと おとうさん うっかり

よそ見していたら 息子が波に頭まで浸かって仕舞いました。

おとうさんは 苦笑い

息子は すっかり怖気づいてしまい
腰が 引けてしまいました。

波が来ると 逃げようとするけれど
おとうさんは 息子の手を掴んで引きとめて 笑っています。

おいおい 水が怖くなっちゃうよ おとうさん

まぁ そんな感じの ほのぼの風景を見ていたら
いつの間にか 落ち込み気味の気分を忘れていました。


うん 海に来て良かった…


そんな感じの一日でした。
 
  

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
親子は見てて
ホンマに和みます

自分の悩みなんて
子供の笑顔ひとつで
どっかいっちゃう様な
ちっぽけな事やと
毎回思う(笑)
2010/07/19(月) 21:29 | URL | 神威 千夜 #WG3/H9bE[ 編集]
>千夜さんへ

誰にも 悩みはあって

その人にとって 大きな問題だから
誰もが、みんな悩んでいるんでしょうね

だから、悩みに ちっぽけな悩みなんて無いんだと思いますよ。

そういう自分も 此処のところ ずっと悩み続けているんですがね…

最近 メール出来なくて すみません。

また メールしますね。
2010/07/20(火) 08:02 | URL | 時帰呼 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。